VMWareESXi-カスタムドライバ組み込み済みのESXi4.0インストーラをDVD化

コンピュータ関連のことを、出来る時に、出来ることだけ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【VMWareESXiの導入】の記事一覧へ




VMWareESXiを試してきましたが、ZinoのOSをWindows7に戻す必要が出てきたので、今後VMWareESXiはUSBメモリ起動で試す事にしました。

その前に、以前作った、「カスタムドライバ組み込み済みのVMWareESXiインストールUSBメモリ」をDVD化してみます。

自由に書き換え出来るUSBメモリのままでは、イマイチ保存性に欠けますので。


最初は単純に、作成したUSBメモリの内容をコピーしてブートイメージと共にisoイメージを作成すればよいと考えたのですが、なかなか上手くいきませんでした。
よくよく調べてみると、ブート可能なUSBメモリ作成に使用したUNetbootinが、USBブートのために以下のファイルを追加・更新しているようです。そこが理解できずハマっていました。

menu.c32 ※更新
ldlinux.sys ※追加
syslinux.cfg ※追加
ubnfilel.txt ※追加
ubnpathl.txt ※追加

そこで、元のインストールイメージ(VMware-VMvisor-Installer-4.0.0.Update01-208167.x86_64.iso)からファイルを抽出して、カスタムドライバを追加し、isoイメージを再作成する方法を取りました。

手順は以下の通りです。環境はCentOS 5.5です。

(1)準備
・rootでログイン

ESXi4.0のインストール(カスタムドライバ使用)で作成した「image.tgz」を任意のディレクトリ(今回は/root/temp)に配置

ESXi4.1のインストール【再挑戦】で作成した「oem.tgz」を任意のディレクトリ(今回は/root/temp)に配置

VMWareのサイトからダウンロードしたインストールイメージを任意のディレクトリ(今回は/root/)に配置
VMware-VMvisor-Installer-4.0.0.Update01-208167.x86_64.iso

(2)インストールイメージをマウント
# cd
# ls -l temp
合計 293928
-rw-rw-rw- 1 root root 299940474 11月 17 01:23 image.tgz
-rw-rw-rw- 1 root root 733821 11月 3 23:53 oem.tgz
# mount -t iso9660 /root/VMware-VMvisor-Installer-4.0.0.Update01-208167.x86_64.iso -o loop /media/

(3)インストールイメージの中身を作業ディレクトリ(/root/vmware40)にコピー
# mkdir vmware40
# cp -rp /media/* /root/vmware40/
# diff /media/ vmware40/  ※完全にコピーできているか確認
共通の下位ディレクトリー: /media/cisco_n1kとvmware40/cisco_n1k

(4)image.tgzとoem.tgzを配置
# cp -p temp/* vmware40/
cp: `vmware40/image.tgz' を上書きしてもよろしいですか(yes/no)? y

(5)isolinux.cfgにoem.tgzの記述を追加
# cd vmware40
# vi isolinux.cfg
※append行に下線部を追加して上書き保存。
append vmkboot.gz --- vmkernel.gz --- sys.vgz --- cim.vgz --- ienviron.vgz --- install.vgz --- oem.tgz

(6)isoイメージを作成
# mkisofs -v -r -J -o ../image.iso -b isolinux.bin -c boot.cat -no-emul-boot -boot-load-size 4 .
※カレントディレクトリの親ディレクトリ(今回は/root/)にimage.isoが作成される


作成されたimage.isoをDVD(CDでもたぶん可)に焼けば、カスタムドライバを組み込んだインストールDVDの出来上がりです。


ZinoをWindows7にしてしまって動作確認できる環境が無かったので、VMWareServerで確認したところ、問題なくインストーラが起動しインストールも成功しました。
Posts20_01.png
※インストール完了時

カスタムドライバを使う環境ではないので動作確認にはなっていませんが、多分大丈夫でしょう♪


今回はLinux環境で作成しましたが、DAEMON toolsを使ってisoイメージの中身を取り出し、Cdrtoolsのmkisofsを使ってisoイメージを作成すれば、Windows環境でも作成できると思います。


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://fukushimaya2.blog103.fc2.com/tb.php/20-01f2b941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ふたごパパのサーバ構築日記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。