Xen4.0の導入-概要

コンピュータ関連のことを、出来る時に、出来ることだけ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前の記事に書いたように、まずは仮想化環境をいろいろ試してみようと思います。
まずはソースコードからのXen4.0セットアップを♪


実はそのまえに、XenServerやXen3のパッケージ版なども試して、仮想マシンが動くことまでは確認しました。
非常にお手軽!便利ですねぇ
ただお手軽なのはありがたいんですが、お手軽すぎて何も考える必要がなく、仕組みがほとんど理解できず(T^T)


なるべく仕組みを理解したいのと、リリースからあまり日が経っていなくて、チャレンジしがいがあると思いまして。



という訳でXen4.0です。


主に参考にしたサイトはこちら
VA Linux Systems Japan 「Xen特集 仮想化とは」

Xen3の情報ですが、アーキテクチャから構築方法まで、親切にまとまってます。

その他、いろんなブログを参考にさせて頂きました。感謝!


□ハード環境です
チップセット:AMD 780G
CPU:AMD Athlon X2 6850e
メモリ:DDR2-SDRAM 2GB x 2
HDD:SATA HDD 500GB
NIC:Broadcom BCM57780

□ソフトウェア環境、OSとXenです。
OS:CentOS 5.5
Xen:4.0.0

□手順を大まかに・・・
1.ネイティブLinuxのインストール

2.Xenハイパーバイザのインストール


3.xendの設定

4.仮想化ドメイン(ドメインU)のセットアップ

  └問題発生、DomainUのWin7が異常に遅い!


続きます~(`∇´ゞ
次回は1.から!
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://fukushimaya2.blog103.fc2.com/tb.php/2-e02f4855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ふたごパパのサーバ構築日記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。