VMWareESXi-ESXi4.1のインストール【再挑戦】

コンピュータ関連のことを、出来る時に、出来ることだけ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【VMWareESXiの導入】の記事一覧へ


ZinoのNIC、BCM57780用のドライバはESXi4.xに含まれていません。インストールしたりESXiを稼動させたりするには、BCM57780用の「カスタムドライバ」を作成して組み込む必要があります。
カスタムドライバは、oem.tgzという名前のtgzファイル内に含めます。

oem.tgzはESXiの起動時に展開され、ディレクトリ構成を上書きします。そのため、oem.tgz内の適切なパスにドライバを配置すれば、任意のパスに目的のドライバを配置できる、という仕組みです。

■使ったもの
WinImage8.10
VMWareESXi-ブート可能なESXi4.1のUSBメモリを作成

Laplas1.53
言わずとしれたアーカイバ。bz2の解凍と圧縮に使用。

UNetbootin
ブート可能なUSBメモリを作成


■手順
1.カスタムドライバのビルド
まずカスタムドライバ本体のtg3.oを作成する必要がありますが、ここはmaruko2 Note.さんが作成されたものをそのまま使用させて頂きました。また、設定ファイルであるsimple.mapとpci.idsも使わせて頂いています。

maruko2 Note.さん、ありがとうございます<(_ _*)>

ただし、simple.mapとpci.idsはハードウェアに合わせて設定する必要があるため、次の2.の手順の中で情報収集し設定しています。


2.oem.tgzファイルの作成
(1)ブート可能なESXi4.1のUSBメモリを作成
ブート可能なESXi4.1のUSBメモリを作成」参照

(2)Tech Support Modeに移行
simple.mapとpci.idsで必要な情報を、「lspci」と「hwinfo」コマンドで確認します。
上記コマンドを実行するため、「ブート可能なESXi4.1のUSBメモリ」で起動し、Tech Support Modeに移行します。

(3)コマンドで情報取得
・Tech Support Modeにて、以下のコマンドを実行
# lspci -v
000:003:00.0 Ethernet controller Network controller: Broadcom Corporation NetLink BCM57780 Gigabit Ethernet PCIe
Class 0200: 14e4:1692
NICの製品名に対応する下線部分を確認

# hwinfo -p
000:003:00.0 14e4:1692 1028:040f 5/ 5/0x70 A V
lspci で確認した情報に対応する下線部分を確認

あとはAlt+F2キーでTech Support Modeを終了し、電源ボタン長押しでマシンを停止します。

(4)設定ファイルに反映しアーカイブ
Windows端末で以下の操作を行う
・「こちら」からvmware-esxi4-BCM57780-oem.tgzをダウンロード
・アーカイバ(lhaplus使用)でvmware-esxi4-BCM57780-oem.tgzファイルを展開
・展開されたファイル群より、\etc\vmware\simple.mapをテキストエディタで開き、以下の行を追加
>14e4:1692 1028:040f network tg3.o

・展開されたファイル郡より、\etc\vmware\pci.idsをテキストエディタで開き、以下の行を追加
14e4 Broadcom Corporation
・・・
1684 NetXtreme BCM5764M Gigabit Ethernet PCIe
1692 NetLink BCM57780 Gigabit Ethernet PCIe ←追加
1693 NetXtreme BCM5787M Gigabit Ethernet
・・・


・以下のディレクトリ構成で、tgz形式でアーカイブし、名前をoem.tgzに変更する。
oem.tgz
├─etc
│  └─vmware
│     pci.ids
│     simple.map
└─usr
  └─lib
     └─vmware
       └─vmkmod
          tg3.o

私は、「etc」「usr」を選択し、lhaplusを使ってtar.gz形式圧縮。名前をoem.tgzに変更して作成しました。


3.oem.tgzファイルの組み込み
(1)インストーラへの組み込み
ESXiインストール時に読み込まれるよう、USBメモリにoem.tgzを配置します。

このサイトを参考にさせていただきました。

・USBメモリは予めFAT32でフォーマットしておく。
・UNetbootinを起動。
・以下の設定で「OK」をクリックし、USBメモリへのISOイメージ書き込みを開始。
 ①ラジオボタンで「DiskImage」を選択
 ②DiskImageの右側のプルダウンメニューで「ISO」を選択
 ③ESXiのインストーラのISO「VMware-VMvisor-Installer-4.1.0-260247.x86_64.iso」を指定
 ④「Type」を「USB ドライブ」に設定
 ⑤「Drive」でUSBメモリのドライブレターを設定
UNetbootin
・書き込み中に以下のメッセージが表示されるので「Yes」をクリック。
UNetbootin
・書き込みが完了したら「Exit」をクリック。

・完成したUSBメモリ(以後「ESXiインストール用USBメモリ」)のルートディレクトリに、oem.tgzをコピー
・「ESXiインストール用USBメモリ」ルートディレクトリにあるsyslinux.cfgをテキストエディタで開く。
下線部を追加して上書き保存。
append vmkboot.gz --- vmkernel.gz --- sys.vgz --- cim.vgz --- ienviron.vgz --- install.vgz --- oem.tgz


(2)起動イメージへの組み込み
(1)が終了した状態のままでもESXiのインストールは出来ますが、ESXiの起動時にNICを認識せず停止してしまいます。(1)はあくまでインストーラにカスタムドライバを組み込んでおり、インストールされたESXiには組み込まれていないためです。

そのため、予めインストールイメージにカスタムドライバを組み込んでおきます。ESXiのブータブルUSBメモリを作成した際に取りあげた「imagedd」が、ESXiそのもののイメージファイルです。

・「ESXiインストールUSBメモリ」のルートにある「imagedd.bz2」をHDD上にコピーする。
・imagedd.bz2を展開し、imageddを取り出す。
※「VMWareESXi-ブート可能なESXi4.1のUSBメモリを作成」で取り出したimageddを使用してもかまいません。

・「imagedd」をWinImageで開く。
・WinImageの右ペインに、2.で作成した「oem.tgz」をドラッグ&ドロップ。
・以下の画面で「はい」をクリック。
WinImage1
・以下の画面で「Yes」をクリックすると、oem.tgzが上書きされる。
WinImage2
・フロッピーアイコンをクリックして上書き保存。
WinImage1

・imageddをbz2形式で圧縮し、imagedd.bz2を作成。
※bz2形式への圧縮はlhaplusで可能。
・作成したimagedd.bz2を「ESXiインストールUSBメモリ」のルートディレクトリに上書きコピー。


4.ESXi4.1のインストール
作成したESXiインストールUSBメモリで、再度ESXi4.1をインストールします。
「ESXi Installable スタート ガイド」の「対話モードを使用した ESXi 4.1 のインストール(P7)」→「手順」を実施します。
カスタムドライバも上手く読み込まれ、順調にインストールが進みましたが、今度は「7」まで進んだところで、以下の画面が出て止まりました。
error
Installation operation Failed!
The installation operation has encountered a fatal error:
Unable to find the system image to install. this is due to the image not being mounted correctly or the CD-ROM not being supported.
the following system information will assist the VMware Support team with your problem. Please record this information before proceeding.


翻訳してみると、イメージ(ISO?)が悪いみたいな事らしいです。

こちらも同様のエラーが起こっているようでしたので、参考にしてESXi4.1ではなく、ESXi4.0でインストールしてから、ESXi4.1にアップグレードしてみました。


結論から言うと、その方法で無事インストールできました♪
詳細は次回(^_^)/~



参考サイト:
VMware ESXi 4 のカスタム oem.tgz を作成する - maruko2 Note.
D510MOでVMware ESXi 4.0をインストールするには - しばそんノート
VMware ESXi を USB メモリにインストールして HP ML115 で起動 - 酒日記 はてな支店
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://fukushimaya2.blog103.fc2.com/tb.php/17-e082ac75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ふたごパパのサーバ構築日記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。