VMWareESXi-Tech Support Modeの利用方法

コンピュータ関連のことを、出来る時に、出来ることだけ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【VMWareESXiの導入】の記事一覧へ


ESXiにはTech Support Modeが用意されています。Tech Support Modeではシェルが起動しコマンドを実行できるため、トラブルシューティングに利用できます。

参考サイト:
VIDEO: New vSphere 4.1 ESXi Tech Support Mode(英語・動画)

■手順
(1)ESXi4.1を起動
(2)起動途中の黄色と黒の画面で、F2キーを押下
(3)Login Nameにユーザ名を入力してEnter
※デフォルト値のrootのままでOK

(4)Passwordにパスワードを入力してEnter
※初期状態だとパスワード無しのため、何も入力せずにEnterでOK

(5)System Customization画面へ移行するので、Troubleshooting Optionsを選択しEnter
(6)Enable Local Tech Supportを選択しEnter
→画面右側の表示が右ペインの表示が「Local TSM is Disabled」から「Local TSM is Enabled」に変わる事を確認
補足:「Enable Remote Tech Support(SSH)」でEnterすればsshでリモートからTech Support Modeにアクセス可能

(7)ESCキーを押下しSystem Customization画面に戻る
(8)ESCキーを押下すると、黄色と黒の画面に戻る

(9)Alt+F1キーを押下し、Tech Support Modeに変更
※Alt+F2キーで元の画面に戻る。

(10)localhost login:にroot、Password:にパスワードを入力してEnter
→特にパスワードを設定していなければ、パスワード無し。

(11)Tech Support Modeに移行し、コマンドを発行できるようになる。


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://fukushimaya2.blog103.fc2.com/tb.php/16-68e8e044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ふたごパパのサーバ構築日記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。